LANG JP EN
( Magazine )
FASHION / CULTURE / PEOPLE / ART / FOOD / STAFF BLOG / FASHION / CULTURE / PEOPLE / ART / FOOD / STAFF BLOG /
虎ノ門ステーションタワーSelect by Baycrew’sの冊子「TITBITS」
松尾忠尚/ジャーナルスタンダード メンズ コンセプター
ホットドッグ専門店〈THE STAND fool so good(s)〉のホットドッグ
PEOPLE | 2023.12.21

SELECT by BAYCREW’Sのキーマンたちに聞く「20の質問」。佐藤恵/MUSE de Deuxieme Classe コンセプター

本企画『PEOPLE』では、<SELECT by BAYCREW’S>のキーマンたちに20の質問を投げかけ、彼らの好きなモノやコト、リアルな気分を伺います。

今回は、MUSE de Deuxieme Classeのコンセプターを務める佐藤恵さんの仕事場へ。

Photo: Shinsaku Yasujima / Text: Keiichiro Miyata / Edit: Shigeo Kanno
SHARE

Q1. 座右の銘は?
A1. 無理はしないが手は抜かない。

Q2. 趣味は?
A2. 息子(中学校2年生)のサッカー観戦。ポジションはボランチです。

Q3. 今、ハマっていることは?
A3. サッカー日本代表の三苫薫選手。

Q4. 日々の必需品は?
A4. 〈カルティエ〉の老眼鏡と漢方薬。もう50歳なので、疲れを少しでも軽減するため。

Q5. 勝負メシは?
A5. 昔から、焼肉。ただ今は、“もたれない焼肉”が勝負メシ。

Q6. 愛車は?
A6. ママチャリ。小学生だった息子をサッカー場まで送り届けた愛車です。

Q7. これから買いたいものは?  
A7. 息子が「飼いたい」と切望している、豆柴犬。

Q8. これから始めたいことは?
A8. 犬を飼うこと。もう息子も中学生なので、そろそろいいかな。

Q9. 落ち着く場所は?      
A9. リビングにある〈アクメ〉のソファ。横になったりして、四人掛けのソファをいつも占領しています(笑)

Q10. いちばんの宝物は?       
A10. 息子です。

Q11. 休日の過ごし方は?    
A11. 土日のどちらかは、息子のサッカー観戦。それがない日は、ストレッチやジムへ行ってカラダをメンテナンスしています。

Q12. センスが良いと思う人は?
A12. 島田順子さん。ずっと若々しくて、いつだって自然体な姿に憧れます。あと、ファッションも。いつもきれいな色の服を着られていて素敵だなと思いながら、インスタを拝見しております。

Q13. 好きな映画は?           
A13. リメンバーミー(2017年/リー・アンクリッチ監督/アメリカ)。あと、風の谷のナウシカ(1984年/宮崎駿監督作/日本)。当時は、ナウシカの髪型やファッションを真似したほど、大好きな作品です。

Q14. 好きな写真集は?         
A14. THE  END OF THE GAME (写真ピーター・ビアード、Taschen刊)。野性味溢れる動物の姿を捉えた写真が収録されています。迫力のある写真の横には、生き血が飛んだフォトグラファー本人の日記が添えられたワイルドな構成で、過去には、この写真集をインスピレーション源にシーズンテーマを掲げたほど、影響を受けました。

Q15. 好きな音楽は?          
A15. 世代的にも、昭和の歌謡曲が落ち着きます。母が矢沢永吉さんの大ファンだったこともあり、小さい頃からキャロルを聴いて育ったので、その流れでチェッカーズにもハマりました。今でも昭和の曲を聴くと「いいな〜」と浸ってしまいます。

Q16. 「かっこいい大人」と思う人は?
A16. 洒落のわかる遊び人。男女ともに“遊んでいる人”って、言葉を変えると、何事にも好奇心があって、いろいろなことを経験していると思うんです。だから、会話しているとすごく楽しいし、刺激をもらえます。あと遊び上手な人って、知性があって洒落も分かるし、知らないことは知らないと素直に言える飾らない人柄の方が多い。歳を重ねると、嫌でも風格が出てくるから、それぐらいチャーミングな方が大人としてかっこいいなと思います。

Q17. 好きなブランドは? 
A17. 特に決めていません。昔から、トラッドとアメカジとエスニックが好きでスタイルの柱にしています。この3つのキーワードにハマるものなら、現行品も古着も、あとはブランドも偏りなくワードローブに取り入れています。

Q18. 「身近で美しい」と思うものは?
A18. 2023年まで、東京でブティックを営んでいた母。店頭をきれいにディスプレイして接客する母の姿を小さい頃からずっと見てきて、気が付けば、かっこいい女性の代表として背中を追いかけていました。

Q19. 今、自分のどこを磨いている?
A19. なんだろう……。感性とかですかね。息子が中学校に上がってから、少し子供の手が離れて、やっと自分の時間を作れるようになったので、じっくり本を読んだり、ゆっくり映画を観たり、羽を伸ばして旅に出かけたりしたいと思います。仕事柄もあって、感性を磨くことに終わりはありません。

Q20. これから挑戦したいことは?  
A20. 世界遺産検定3級合格! とにかく世界遺産が好きで、国内は全制覇したいと思っています。中でも印象深いのが屋久島です。